JPAN ANCIENT TIMES   ART COLLECTION

松島 五大堂   水彩画コレクション


五大堂は 松島のシンボルといわれています。 

 大同2年(807) 慈覚大師円仁が「大聖不動明王」を中心に

「東方降三世」、「西方大威徳」、 「南方軍荼利」、

「北方金剛夜叉」の五大明王像を安置したことから

その名がつけられました。

現在の建物は、かの有名な伊達政宗が
慶長9年(1604)に創建したものです。 25.7×36.2cm 



磊々峡


仙台市の秋保。

温泉 秋保大滝 峡谷などがあり 観光地として有名な場所のひとつ。

スケッチは秋保の磊々峡らいらいきょうに行ったときのもので

橋の近くの路上から 対岸を望んで岩を描いたもの。


マイナスイオンが 溢れている素晴らしい沢でした。

ペンに水彩 36.3×25.8cm


小滝沢橋

仙台市の秋保にある 「めがね橋」

( 正式名称は 小滝沢こたきざわ橋 )。


昭和14年に作られた 県内では珍しい石造アーチ橋で

秋保で採取された凝灰岩が つかわれています。


昭和58年に 仙台市の指定有形文化財に なりました。

鉛筆に水彩 36cm×25.8cm



泉ヶ岳


仙台市泉区 ホームセンタームサシ様からの眺めを

瞬時に 描きました。

サイズ幅×高さ




鳳鳴四十八滝


宮城県内の滝はいくつかありますが

そのうちのひとつ鳳鳴四十八滝ほうめいしじゅうはちたきです。

広瀬川上流にあり 大小さまざまな滝が

四十八あったために その名がついたという説も。

滝が大小合わさっていろいろな音を奏でているのが

鳳凰の鳴き声に似ている といわれています。

ペンに水彩 25.8×36・3cm



万葉茶屋


大衡村の大衡万葉の森です。

森のなかに美術館もあります。

夏場には アイスクリームが 大人気の茶屋。

ペンに水彩 14.6×17cm





Art  Produce  by  Midori  Ishikawa.

    Copyright (c) 2015-2018 Midori Isikawa. All Rights Reserved.